心療内科(精神科)

心療内科(精神科)紹介

認知症外来(もの忘れ外来)

心療内科では、「気分の落ち込み」や「不安が強い」など一般的に言われる『心の病』に対する治療を行っています。
「夜眠れない」「元気が無い」「食欲が無い」「おなかが痛い」など、レントゲンやCTを撮っても内科的な異常は見られない、脳の機能異常について取扱っています。 心療内科では、他の科と違い全部会話で診療を行います。
診察では、患者さまが緊張されないように楽しく、やわらかくお話するように心がけています。

医師担当表

◆午前診 9:00~12:00  ◆昼診 14:00~16:00  ◆夜診 18:00~19:30

H29年11月1日現在

心療内科(精神科) 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前診            
昼診        
認知症外来 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前診          

※電話予約受付 午前診 7:30~11:30  電話番号 072(453)0166

認知症外来

一般的には心の病と言われています。

気分の落ち込みや不安が強いなど、そんな患者さまが多い傾向にあります。
わかりやすく言えば夜眠れないや元気がないなど 内科的な異常はありませんが、患者さまご本人は大変な苦悩をされています。
そんな時は、内臓の異常ではなくて脳の異常なのです。
血液検査をしても医師は何も異常はないと言われるだけ。
しかし、患者さまご本人はとてもつらく腹痛があったり、
食欲がなかったりとレントゲンを撮ってもCT撮影しても異常はなく
「大丈夫です、問題ありません」の一言です。
そんなお悩みがある方が来られる場所となります。

認知症外来と心療内科外来との違い

・認知症外来と心療内科外来との違いについて
認知症外来と心療内科外来は同じです。
心療内科では認知症も扱います。
ただ、分けて診察した方が、患者さまがわかりやすいかなと思っております。

診察時間について

・診療時間について
他の科と違い、精神科・心療内科では血液検査などがないため
他の心療外来と比較しても診察時間が長い事が特徴です。
診察は全て、お話や会話で診察を行います。
生活態度を聞く事が多く、ひとつずつ聞いていくためです。

主な診察方法

・主な診察方法として その方の気分の落ち込みや生活態度などを聞き、例えば
「夜何時に寝ていますか?」
「ご飯は3食食べていますか?」
「朝起きた気分はどうですか?」など
その他に仕事や家事子育て・夫婦関係のことなど、そういう状況を聞いていきます。


標榜診療科のご案内

受付時間や診療時間は部門・診療科により異なります。
ご来院前にお電話でお問い合わせ下さいませ。

標榜診療科診療技術部
内科 糖尿病内科 眼科
外科 腎臓内科(人工透析) 救急科 整形外科 呼吸器内科 麻酔科
脳神経外科 消化器外科 神経内科 泌尿器科 乳腺外科 心療内科(精神科) 消化器内科 リウマチ科
臨床検査部 診療放射線部 薬剤部 栄養管理部 リハビリテーション部
循環器内科 リハビリテーション科 骨粗鬆症センター
診療時間
午前診
月~土曜日
9時~12時
昼診
月~金曜日
14時~16時
夜診
月~金曜日
18時~19時半

面会時間/10:00~21:00
(別館は20時まで)
休診日/日曜日・祝日

急患の患者さまは
24時間365日随時対応しています。

ページ上部へ
Copyright (C) 2013 NAGAYAMA HOSPITAL ALL Rights Reserved.